■京成八幡駅徒歩2分/JR本八幡駅徒歩2分   米国ドクター公認 日本カイロプラクティック医学協会認定院

本八幡にある整体院 原田カイロプラクティックセンター 千葉県市川市八幡
富士物産本社ビル301


電話 047-333-5515
カイロプラクティックでお身体のメンテナンスを...
カイロプラクティック

カイロプラクティックとはギリシャ語で「手の技」という意味です。その名の通り、手技によって背骨・骨盤・筋肉のゆがみを取り除き 内臓・自律神経を整えてゆきます。

検査をしても異常がないと言われたが気になる症状がある方、
マッサージでその時は気持ちいいが又すぐ肩がこる、この繰り返しから抜け出せない方、
不快な症状をキチンと改善したい方、
体にゆがみのある方、
特に症状はないが、これから先もながく体調、体型を維持したい方、
カイロプラクティックはこのような方にお勧めしたい療法です。

気持ちよく痛みが取れる

 人間の身体には200以上の骨があり関節の部分部分で様々な動きをします。当院では問題のある箇所に対し正常な関節運動を回復させることで痛みやゆがみを取り除きます。そしてその施術に対しほとんどの方の感想は”気持ちいい”です。
※身体の状態のよって関節を鳴らすこともありますがむやみに関節を鳴らしたり、抵抗感が強い患者さんに行うことはありません。 この場合も時間をかけて硬くなっている筋肉を緩めてから操作しますので関節やその周りの靭帯、筋肉に負担をかけずに関節操作ができるのです。この筋肉操作自体、痛みを出したり不快感のもとになるポイントを探し出し処置しますので、これのみでも歪みや痛みに対してかなり効果的です。

ではどのような場合に関節操作が必要、または有効になるのでしょうか?

可動性の減少、つまり動きが無くなっている関節に動きを与えることが最も重要になります。
動きの少ない関節の周りの靭帯や筋肉は当然可動域が制限され硬く伸縮性の少ない状態になっています。その状態が長く続くと(特に背骨においては)その部分の退行変性(老化)をはやめてしまいます。なぜでしょうか?背骨のクッションである椎間板これがポイントになります。椎間板は血管がほとんどない白っぽい組織です(フライドチキンなどの関節部分、食べるとコリッとするやつ、あの部分を想像してください)。体のほとんどの組織は血管、つまり血液によって老廃物排出や栄養補給、ガス交換ができるのですが椎間板にはそれができません。椎間板はその周辺部と共に(動く)ことによって周りの体液より、じわーっとガス交換、その他を行います。というわけで関節可動域の減少イコールその部分の椎間板代謝を弱めること、になるのです。ただでさえ一般的に20歳位より老化がはじまると言われる椎間板です、関節可動域減少は椎間板のドライアウトをはやめ接している骨部分の変形も招くことになります。体を永くなるべく良い状態で使い続けるためには椎間板の抗老化が大変重要です。

そこで関節操作が有効になります。筋肉を緩めてストレッチ、それももちろん有効ですが関節周り、つまり深部の組織に対する効果を高めることが必要になります。関節に直接アプローチするわけですから関節の癒着剥離にも当然高い効果があります。加えて周辺部分の血行が良くなり副交感神経が上昇します、そしてそれが体全体に影響しますのでリラックス効果、自律神経に対するアプローチにもなるのです。リウマチ、後縦靭帯骨化症、お年寄りに多い骨粗鬆症や骨の変形が進んでいる場合でも無理なく関節の動きを回復してゆきます。







Copyright (c) 原田カイロプラクティックセンター All Right Reserved.